本文へ移動

働き方改革への取り組み

長時間労働の改善

当社は20年以上に渡り18時間を超える残業は行っていません。見本市などの休日出勤がある場合、振替休日か休日出勤手当で賄っています。また数年前の繁忙期にも従業員アンケートの結果、出来るだけ残業はしたくないという意見が多かったので、短期のアルバイトさんにお願いしていました。

非正規と正社員の格差について

当社は出来るだけ非正規のままでの雇用はしていません。しかし理由があって正社員と同じ時間の勤務が難しい場合、非正規での雇用を行っています。その場合でも同時間の勤務が可能になると正社員への変更を行っています。また非正規社員さんにも賞与をお渡ししています。

高齢者の就労促進

現在、60歳の定年を迎えられても雇用の延長を行っています。あと65歳以上になっても本人の働く意欲がある場合、延長を考えています。

年次有給休暇の取得

昨年度(平成29年)の有給休暇取得率は65.9%になります。通常の有給休暇とは別に試みとして病気などで休まれた際でも、後日の申請で有給休暇に当てています。また数年前から半日有給休暇も取得も可能にしています。

仕事と育児の両立

現在、乳幼児がいる従業員さんは居ません。しかし保育園・幼稚園のお母さんも元気に働いています。また学校行事等も考慮して優先的に休日を取っていただいています。

障がい者雇用の機会

当社の従業員は20名以下ですが、平成30年から適応障害をお持ちの方も健常者の方と一緒に元気に働いています。

職場の健康管理

定期健康診断は勿論の事、今までオプション検査として行っていた健診を、会社の全額負担にて希望者に受診して頂いています。

平成29年から胃・十二指腸健診…バリューム検査が不評の為、血液検査に変えました。

平成30年から癌検診(腫瘍マーカー)…二人に一人がなるという癌に対し、早期発見を目的とします。

TOPへ戻る